長雨・日照不足で気を付けたい、多肉の徒長や病気

乾燥地帯に生息している多肉植物にとって、

イヤな季節が、日本の梅雨になります。

「梅雨」と「真夏」の管理は難しいとされる多肉ですが、

どちらが管理しにくいかといえば…

やはり… 日照が少ない前者だと感じます。

スポンサーサイト




▼ 梅雨の注意点 4つ

梅雨に入ると、春とは打って変わって、

トラブルに見舞われる可能性があります。

それが、下記の4点です。

  1. 日照不足による徒長
  2. 日照不足による落葉
  3. 水滴・多湿による蒸れ
  4. 病気 & 害虫の被害

1年目では、どうしても経験不足なので…

特に徒長は、避けては通れない内容かと思います。

・・・
・・

それでは、1つづつ紹介します。

❶ 日照不足による徒長

▲ 虹の玉【セダム属】

多肉栽培1年目に、大ハマりするのは徒長だと感じます。

徒長の具合は、多肉によって異なりますが、

伸びやすいはセダム属になります。

伸びやすい多肉は、注意

▲ 秋麗【グラプトセダム】

・ セダム属
・ セデベリア属
・ グラプトペタルム属
・ グラプトセダム属

グループ別にみると… セダム属をはじめ、

上記のような、セダム属と他のグループで交配した、

属間ハイブリッドの多肉には注意が必要です。

 幹(茎)が伸びやすい「幹立ち」の性質も特徴です

日照不足では、徒長は仕方なし

▲ ピーチ姫【グラプトセダム属】

植物の性質上… 日照不足になると、

徒長するのは仕方がありません。

「葉挿し」の初期段階でも、日照不足だと徒長します。

 徒長を抑えるには、水やりを調整

▲ これは徒長

▲ こちは徒長ではなく、幹立ち

日照不足では、どうしても徒長してしまいますが、

水やりを控えることで、ある程度は… 抑えられます。

「徒長」と「幹立ち」の見極めは…

葉と葉の間に隙間がなければ、幹立ちなのでOKです。

「ずんぐり」と幹立ちは、人の好み

▲ ブロンズ姫【グラプトセダム属】

茎が伸びたら、カットしてコンパクトにまとめるも善し…

そのまま伸ばして、

自然のままを、演出するのも善いと思います。

夏の水やりは、こちら

夏顔に、変化するのも仕方なし…

左:冬 / 右:夏 |グリーンローズ

左:冬 / 右:夏 |アフターグロー

夏になると、葉色はグリーン系になります。

さらに、グループや種類によっては…

葉が伸びて、バランスが大きく崩れます。

このようなタイプでは、夏の間は仕方がありません。

スポンサーサイト




❷ 日照不足による落葉

件数は少ないのですが…

日照不足と思わしき、落葉が発生しました。

恐らく… 病気ではないと思います。

落葉した多肉植物の種類が、こちら
  • 乙女心【セダム属】
  • 恋心 【セダム属】
  • 八千代【セダム属】
  • 熊童子【コチレドン属】

共通点は、ジェリービーンズ系のセダムです。

あと、不明なのが… 熊童子になります。

落葉してから、腐るスピードは激早

▲ 八千代

▲ 熊童子

特にセダムの場合は、

落葉して1日くらいで真っ黒です。

 いつ、落ちるかは… わからず

肝心な、落葉する目安ですが… よくわかりません。

恐らく… 梅雨の間でも、ちょくちょく晴れ間があれば…

1ヵ月以上は大丈夫だと思います。

むしろ… 落葉しない多肉のほうが圧倒的だと感じます。

梅雨入り前までに、日光浴をしたほうが無難

通常の管理であれば、

梅雨入り前までは、日照時間は足りていると思います。

「葉挿し」や、小さな脇芽を「挿し芽」で栽培した場合は、

元々の体力が低そうなので、注意が必要かもしれません。

LEDライトなら、抑えられる

こちらも、サンプル数が少ないのですが…

落葉中のセダムに、植物用LEDライトを使うと、

3日程度で、落葉は収まりました。

その後も順調に回復し、通常の生育に戻っています。

心配なら、ライトを使うのがオススメ

10日以上、ほとんど曇りの状況なら、

4時間なり… 8時間なり… 適当に使用して、

光合成をさせてやったほうが無難です。

スポンサーサイト




❸ 水滴・多湿による、蒸れ

▲ オーレウム【アエオニウム属】

多肉植物の葉っぱは、健康な状態なら…

水滴が付いたり、土に埋まっていても元気です。

ですが… 蒸れなどでダメージを負って腐りはじめると、

上の写真のオーレウムのように、カビてきます。

 梅雨の、晴れ間には注意

▲ 微妙な葉の隙間には、湿気が溜まりやすい

梅雨時でも、たまには晴天で気温が高くなります。

その際… 直射日光に当たり続けるなどして、

水滴が残ったロゼットの… 周辺温度が上昇し、

いつの間にか、蒸れて腐ってしまうことがあります。

 対処方法

対処方法としては、下記の2点です。

  1. 雨で濡れないよう、軒下で管理
  2. 水やりの際は、多肉の脇から与える
❶ 雨で濡れないよう、軒下で管理

多肉植物は、湿度が低い季節なら…

雨で濡れても問題ありませんが、

湿気が多い季節は、なるべく避けたほうが無難です。

ひとまず… 屋根代わりになればOK

板状のポリカなどを使う屋根は、

DIYでも、難しいと思いますので…

簡易的に、ポリエチレンシートでも大丈夫です。

❷ 水やりの際は、多肉の脇から与える

こちらも、上記の軒下管理と理屈は同じで…

ロゼットの間に、水滴を残さない為です。

また、病原菌の活動を抑える効果もあるようです。

多肉のフォルムによって、使い分けもOK

▲ 黒法師【アエオニウム属】

水滴が、自然と流れ落ちるフォルムの多肉なら、

上から水やりをしても大丈夫です。

また、そこまで神経質になる必要もありません。

スポンサーサイト




❹ 病気 & 害虫の被害

環境によっては… 梅雨入りくらいから、

病気や害虫の発生が、チラホラと目立ってくるかもしれません。

管理する多肉が増えるほど、

それに比例して、病気の発生率も増加すると思います。

多肉には、いくつかの病気がある

多肉には、いくつの病気があるのか分かりませんが…

個人的に発症した3つの病気を紹介します。

❶ 黒点系の病気 その1

▲ 上海ローズ【センペルビウム属】

センペルビウムに付いた、黒い点々ですが、

どんな多肉でも、感染すると思います。

これで、葉が腐ったり… 株が弱っていくことはありませんが、

黒点が付いた葉は、入れ替えを待つしかありません。

❷ 黒点系の病気 その2

▲ 舞乙女【クラッスラ属】

▲ パステル【クラッスラ属】

クラッスラ属に発生しやすいタイプの黒い点々です。

こちらは、黒点の面積が広く… 腐っていくので厄介です。

梅雨明けと共に、一応… 治まったようですが、

感染した葉は、枯れていきます。

❸ 斑点系の病気

▲ 虹の玉【セダム属】

褐色の点々が、下側の葉に現れ…

枯死するとともに、上側の葉へと感染していきます。

放置していても… 涼しくなる秋頃に終息しますが、

多くの葉を失ってしまいます。

害虫は、カイガラムシが出現

▲ カビっぽいのは、カイガラムシが怪しい

カビっぽい葉を見つけたら…

近くにカイガラムシが潜んでいる場合が多いです。

2、3匹くらいでしたら、問題ないと思いますが、

大量に付かれると… 枯死する可能性があります。

冬以外は、発生しやすい

カイガラムシは、環境によって…

梅雨時に限らず、

春から秋にかけても、見られると思います。

 病気や害虫は、予防が大切

管理する多肉の数によっては、

対策を行わなくても、被害がない場合も多いかと思います。

ただ、病気や害虫は面倒なので… 予防に努めるのが一番です。

  1. 雨の対策
  2. 殺菌剤の散布
❶ 雨の対策

病気の感染ルートは、

雨(水滴)によって、菌が運ばれるケースが多いようです。

さらに、水滴による多湿によっても…

菌が増殖しやすい環境となるようです。

環境を作っておくのが得策

軒下の件と同様ですが、

屋根が無い場合は…

透明なシートなどで、簡易的に屋根を作っておきます。

❷ 殺虫・殺菌剤の散布

予防として殺虫・殺菌剤を散布します。

特に、病気が発症してしまうと…

涼しくなるまで、完治できない感じです。

まずは、ベニカとオルトラン

色々と薬剤はありますが、

まずは… ベニカとオルトランでOKだと感じます。

オルトランは、カイガラムシ対策として…

ベニカは病気対策として… さらに、殺虫成分もあるので、

ケムシやアブラムシも即撃退できます。

自宅で管理するレベルの量であれば、面倒もなく… 十分だと思います。

粒剤のオルトランは、梅雨入り前に散布する

粒剤のオルトランは、水やりで固形の粒を溶かし…

根から吸わせるタイプなので、

日照不足の梅雨時では… 徒長と隣り合わせになってしまいます。

ですので、梅雨入り前の晴れている期間で、散布を済ませておきます。

◆ 最後は、感覚と慣れ

梅雨入りすると、何かしらのトラブルが起こる可能性がありますが、

それも、人によって異なります。

初心者の頃ですと… 事前の知識だけでは、そこそこ手強いと感じるので、

梅雨を経験して、水やりなどの感覚も養っていく必要があります。

慣れてしまれば、普通のルーチンワーク

難しいといわれる、梅雨と夏の管理も、

慣れてしまえば、普通のルーチンワークになります。

1年目は、判断が付かない場面もあるかと思いますが、

そこにも、興味を持って頂けると… より多肉栽培を楽しめます。

スポンサーサイト




多肉や鉢が増えたら… 広い庭が有利 !? 多肉植物を管理しやすい環境

LED植物育成ライト… 多肉植物の葉っぱポロポロを救う

関連記事

  1. 【多肉植物】梅雨&夏の管理 4つのポイント

    この記事は、多肉植物の… 梅雨も含めた、夏の管理(夏越し)について紹…

  2. エケベリア「夏顔」の特徴と対処法

    冬に、コロコロのエケベリアを買ったものの、梅雨入りすると…「…

  3. LED植物育成ライト… 多肉植物の葉っぱポロポロ…

    この記事は、落葉をはじめた多肉植物に…「LED植物育成ライト」を使用…

2018年の秋から多肉植物を楽しんでいます。これから始める皆様にとって、少しでも参考になれば幸いです。



多肉ショップを探す



スポンサーサイト


最近の記事

PAGE TOP